lccが参入によって起こる私達、航空会社への影響とは何か

lccが参入してきたことによって、見た目的には航空券の値段が一気に下がるのでうれしいことだと思うかもしれませんが、それ以外のことだってもちろんあります。そこで、ここでは、lccが参入によって起こる、私達、そして、航空会社への影響を見ていきましょう。

lccが参入によって起こる私達への影響

lccが参入によって起こる私達への影響の1つは、メリットとして、飛行機での移動が安くなることです。それによって、飛行機というものが、今までは高い乗り物で懸念していた方も多かったですが、身近な乗り物と感じることができるようになりました。

さらに、lccというのは、メインとなっている空港(例えば、羽田空港など)を使うことが少ないです。というのも、それによって、コストがアップしてしまい、航空券を値下げすることができなくなってしまうからです。

ですので、今までそこまでいろいろなフライトが飛んでいなかった空港を使うことが多くなりました。これによって、今までは旅行がしたくても、あまりにも空港に行くのが面倒であったり、空港に行くまでの費用を考えたらそこまで安くなかったので飛行機を使った旅行を避けていた人も、気軽にそれができるようになりました。

逆に、その地方へ出張などで行くことが多かった人の交通の便も良くなり、しかもコストダウン、さらにストレスレスにもなるという良い影響が多々起こっています。

lccが参入によって起こる大手航空会社への影響

私達にはlccが参入したこと影響は、ほぼメリットしかないように見えますが、大手航空会社にとってはどのように思われているのでしょうか。まずは、大手航空会社も料金を徹底的に抑えていこうという努力をするようになりました。

例えば、今まで頻繁に大手航空会社を使って出張に行っていた方は、会社の意向に合わせて(今は不景気なので、どこも経費を抑えたいです)、大手航空会社よりも値段の安いlccの存在を見つけたら、それを優先して使うように言ってくる会社も増えました。

となると、大手航空会社を利用する人が少なくなってしまうので、そうならないよう、大手航空会社もできるだけ航空券の値段を安く提供するようにしています。と同時に、特に機内サービスなどは簡素化(国内線なら無料ドリンクの選択肢が減り、国際線であれば機内食の量をやや減らしたり)が目立つようになりました。

逆に、lccが値段で対抗するのに対して、サービス面で勝負をしようという航空会社もあり、私達利用者のニーズに合った航空会社が増えてきているのも事実です。

LCCの参入によって大きく変わってしまった日本の空

近年日本には数多くのLCCが参入するようになりました。このような航空会社が多く参入したことによって日本の空は大きく変化をしました。サービス面での競争が激しくなり、価格面においては大手の航空会社が大幅な値下げをしなければならない状況になりました。いろいろなところに影響が出ています。

価格面においては旅行者にとってとても有利な状態になった

数多くの格安航空会社が就航したことによって、旅行者にとってはとても良い状態になりました。格安航空会社は非常に料金が安く、これまでなかなか旅行に行くことができなかったような所得の人でも手軽に旅行に行くことができようになりました。

さらに、大手の航空会社が就航していた路線と競争が発生したことによって、大手航空会社は価格の値下げを余儀なくされ、大幅な割引運賃の航空券が誕生しました。国内線だけでなく、国際線にもLCCが参入したことによって、海外旅行もより手軽なものになりました。

利用者にとっては、選択肢が増える結果となりこれまでなかなか旅行に行くことができなかったところにも行くことができるようになったのは格安航空会社の影響が大きいです。航空機のオンライン化を大きく推し進めたのも格安航空会社の影響です。

インターネットで簡単にチケットが手に入るようになり、これまで旅行者にいかなければ手に入れられなかった航空券を簡単に購入できるようになりました。

地方の大きな活性化に影響与えた格安航空会社の新しい展開

格安航空会社の就航によって、大きな利益を受けた場所もあります。その一つが、これまではなかなか観光客が来てくれなかった地方都市です。沖縄の奄美大島やフィリピンのセブ島などは、大手の航空会社が路線を就航しておらず、観光に行きたくてもなかなか行くことができない場所でした。

そこに格安航空会社が就航したことによって大都市と直接結ばれ、多くの観光客が訪れることができるようになりました。結果として地方の活性化に大きな影響与えました。これまで数多くの航空便が就航していた沖縄本島でも格安航空会社の就航により訪れる人が増加をしています。

沖縄本島では、本土からの格安航空会社だけでなく中国や韓国などからの格安航空会社が就航したことによって海外からの観光客も多く訪れるようになりました。結果として沖縄海外から注目される観光地となりアジアの各地から注目をされる存在になってきています。LCCの就航は、その地域の経済を大きく変える力を持っています。

近年競争が激化する航空券

近年LCCの台頭により、航空機がとても身近な存在になりました。
格安航空券その値段の安さが魅力で、格安航空会社と呼ばれることもあります。
日本では昔から複数の航空会社が格安の国内線を運行していましたが、本格化し始めたのは2012年ごろからです。
海外ではLCCがメジャーな存在となっており、日本よりも普及しています。
一般的な航空会社と差別化されたけ結果、LCCが主流となっている国もあります。
日本の場合、さまざまなLCCが参入したことによって競争が激化しました。
羽田など主要な空港と地方の空港を結ぶ国内線が次々と開設され、地方にとっては観光客を呼び込むための新たな施策として期待されています。
LCCの参入によって国内の主要航空会社は打撃を受けるかに見えましたが、各種割引やキャンペーンによってお得にチケットを購入することができます。
LCCと比較しても遜色ない価格になっており、私たちにとってはむしろ選択肢が増えたことになります。
とても喜ばしいことで、国内ならどこでも気軽に行けるようになりました。
地方から主要都市へ行くことはもちろん、地方同士を結ぶ航空路線も多数開設されています。
今まで地方から地方へ飛行機で行く場合、ほとんどのケースではいったん大都市の空港を経由して乗り継がなければいけませんでした。
しかし、今ではそのような手間をかけることなく、ダイレクトにアクセスできる場合が多くなっています。
LCCの参入以降は航空機は料金もより安くなりました。
今までは片道数万円もかかっていた航空券が、今では片道数千円という安さで利用できるのです。
数千円台で利用できる交通機関の代名詞と言えば、高速バスが主流となっていました。
航空機は新幹線との激しいシェア争いを繰り広げていたほどです。
しかし、今となってはそれも過去の話といえるでしょう。
確かに新幹線と激しいシェア争いを繰り広げている側面もありますが、運賃がぐっと下がったことによって高速バスともシェア争いを繰り広げるようになっているのです。
路線によっては高速バスよりも安く利用できることがあります。
どこかへ行く際、格安飛行機チケットを利用することでもっとも旅費が安くなる可能性を秘めているのです。
LCCなら往復で1万少々という値段で旅行できる場合もあります。
今までは3〜5万円ほど必要だった旅費を大幅に圧縮可能です。
浮いた旅費をおみやげの購入費用にあてたり、少し贅沢にホテルのグレードをあげたりと、自由な旅を満喫できます。

what's new