近年競争が激化する航空券

近年LCCの台頭により、航空機がとても身近な存在になりました。
格安航空券その値段の安さが魅力で、格安航空会社と呼ばれることもあります。
日本では昔から複数の航空会社が格安の国内線を運行していましたが、本格化し始めたのは2012年ごろからです。
海外ではLCCがメジャーな存在となっており、日本よりも普及しています。
一般的な航空会社と差別化されたけ結果、LCCが主流となっている国もあります。
日本の場合、さまざまなLCCが参入したことによって競争が激化しました。
羽田など主要な空港と地方の空港を結ぶ国内線が次々と開設され、地方にとっては観光客を呼び込むための新たな施策として期待されています。
LCCの参入によって国内の主要航空会社は打撃を受けるかに見えましたが、各種割引やキャンペーンによってお得にチケットを購入することができます。
LCCと比較しても遜色ない価格になっており、私たちにとってはむしろ選択肢が増えたことになります。
とても喜ばしいことで、国内ならどこでも気軽に行けるようになりました。
地方から主要都市へ行くことはもちろん、地方同士を結ぶ航空路線も多数開設されています。
今まで地方から地方へ飛行機で行く場合、ほとんどのケースではいったん大都市の空港を経由して乗り継がなければいけませんでした。
しかし、今ではそのような手間をかけることなく、ダイレクトにアクセスできる場合が多くなっています。
LCCの参入以降は航空機は料金もより安くなりました。
今までは片道数万円もかかっていた航空券が、今では片道数千円という安さで利用できるのです。
数千円台で利用できる交通機関の代名詞と言えば、高速バスが主流となっていました。
航空機は新幹線との激しいシェア争いを繰り広げていたほどです。
しかし、今となってはそれも過去の話といえるでしょう。
確かに新幹線と激しいシェア争いを繰り広げている側面もありますが、運賃がぐっと下がったことによって高速バスともシェア争いを繰り広げるようになっているのです。
路線によっては高速バスよりも安く利用できることがあります。
どこかへ行く際、格安航空券チケットを利用することでもっとも旅費が安くなる可能性を秘めているのです。
LCCなら往復で1万少々という値段で旅行できる場合もあります。
今までは3〜5万円ほど必要だった旅費を大幅に圧縮可能です。
浮いた旅費をおみやげの購入費用にあてたり、少し贅沢にホテルのグレードをあげたりと、自由な旅を満喫できます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

what's new