ビジネスに格安航空券を活用

ビジネスにおいては、常に経費の削減が求められます。いかにして経費を圧縮し売り上げを作るかが大切なのです。企業の経費で一番ウェイトを占めているのは人件費ですが、場合によって大きな負担となるのが交通費でしょう。
特に県外に支社や営業所を持っている企業や、県外へ出張へ行く回数が多いところではかなりの負担となっています。1回の出張で少なくとも2〜3万円はかかると言われています。このうち7割近くを占めているのが交通費です。利用する交通機関によって大きく変わるものの、新幹線や航空機を利用した場合に高くなります。
少しでも交通費を圧縮するために、移動に高速バスを利用させる場合もあります。しかし社員に対して大きな負担をかけてしまいます。もっとも経費を削減できるものの、肉体的な負担が大きくのしかかるためです。
高速バスは慣れていないと座席の狭さがネックとなり、腰痛や肩こりなどの原因になります。これが社員に降りかかるため、出張には新幹線を利用させる企業もあるほどです。
では新幹線はどうなのでしょうか。新幹線は本数も多くありますし、移動時間も短縮可能です。大都市間の移動であれば有力な選択肢になるでしょう。その反面、予約をしておかないと料金は高くなります。
新幹線は乗車券と特急券両方が必要になるため、大都市間の移動なら片道1万円強はかかってしまいます。経費の削減効果は薄いのです。また、地方へ移動する場合、新幹線が通っていないと在来線へ乗り換えの手間がかかってしまいます。
こうした問題を解決するなら航空機が便利でしょう。LCCの路線があれば格安航空券、もしそうでなければ普通の航空券を利用できます。現在は航空機も新幹線並か、それ以下の価格で購入可能です。LCCを利用すればもっと安くなります。
日帰り・宿泊出張どちらの場合においても利用できる航空券は、企業の経費削減に効果を発揮します。交通費がネックになっているなら、まず交通機関を見直して航空機を利用してみましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫