いつ頃買うのがベスト?

「航空券はいつ頃買うのが良いの?」と、ふとそんな疑問を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。航空機は鉄道のように気軽に利用できないのがネックです。まず最初に航空機の便と時刻を調べ、空港のカウンターへ行き空席がないか照会してもらいます。
その後チケットを購入することになりますが、いわばホテルのチェックインのような手続きが必要になるのです。対する鉄道はどうでしょうか。まず駅へ行き、運賃を調べたら自動券売機できっぷを購入するだけで済みます。その後好きな時刻の電車に乗れるため、とてもお手軽です。航空機はすべて予約制のため、中々気軽にという訳にはいかないのです。
ですが、現在ではチケットをインターネットで予約・購入することができます。格安航空券もネット購入できるようになりましたし、とても身近な存在になりました。そのためいつでも買えるというのが最大の強みでしょう。
ただし購入するタイミングというのがとても難しい部類に入ります。航空機は基本的に予約制ですので、タイミングが悪いと直前に購入できない可能性もあります。予定していた便のチケットが買えないと、旅行や出張にも大きな影響が出てくるでしょう。キャンセルをねらう方法もありますが、確実に買えるとは言い切れないため事前予約がもっとも無難です。
チケットは出発日の1週間前までには購入するのがベストでしょう。1週間ほど前であれば空席もまだまだありますし、予約も取りやすいからです。お盆やゴールデンウィーク、年末年始など混雑する時期の場合は、1週間前でも遅いことがあります。
もし行楽シーズン時に航空機の席を予約するなら最低2週間前には手続きを済ませておきたいところです。1〜2週間前に予約しておけば、もし予定変更になった場合でも対応しやすくなります。
場合によっては便の変更が出来るかもしれませんし、キャンセルスムーズにできるからです。購入するときは時期に気をつけてみましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫