格安航空券の魅力とは

LCCが普及したことで出回り始めた格安航空券の魅力とはいったい何でしょうか。人によって感じ方は変わるかもしれませんが、一番のメリットとも言えるのが旅費を削減できることです。
今までの飛行機はエコノミークラスといえど、片道1万円少々という値段が相場になっていました。しかし、往復すると最低でも2万円を超え、利用する路線によっては他の交通機関よりも割高になることがあったのです。国内路線の話になりますが、運賃が高い路線は片道4〜5万というのも珍しくはありませんでした。
これは、旅行やビジネスで飛行機を使用する際に、その価格が大きなネックになっていたと言えます。一般的な交通機関の相場を比較してみますと、新幹線は数千円代、高速バスに至っては長距離でも片道1万円以下という値段です。
仮に高速バスと同じ距離を航空機で移動した場合、その差は3〜4倍にも膨れ上がります。確かに移動時間という点においては航空機に軍配が上がりますが、費用や便数では高速バスや新幹線にも劣ってしまいます。
高速バスと比較してみます。高速バスは夜行便と日中便の2種類が存在しますが、長距離移動に使われるのは夜行便です。夜遅くに現地を出発し、朝早く目的地に到着するのが高速バスの特徴と言えるでしょう。
朝早くに到着するため、時間を有意義に過ごせます。のんびりカフェや喫茶店でモーニングを食べることもできますし、出張なら資料やスケジュールの見直しなどをする時間も十分にあります。費用も安く、時間も有効利用できるため、航空機では太刀打ちできませんでした。
でも現在はLCCの台頭によって航空機が普及しています。片道あたり高速バスとほぼ同じ料金で利用でき、移動時間も大幅に短縮できます。朝早くの航空便を利用すれば、高速バスと同じように時間を有意義に使えるでしょう。
新幹線と比較しても費用・時間両方の面で格安航空券のほうがすぐれています。今後交通機関を利用するなら、航空機を第一候補として検討すべきです。